フォローする

タイムレコーダー設定 - 休日

「Focus U タイムレコーダー」で集計する際の、休日(所定休日・法定休日)に関する設定を行います。
設定した休日は、タイムレコーダー明細のカレンダー上の表示のほか、勤務表の所定休日、法定休日の日数や時間の集計対象として使用します。

初期値は休日の設定がされていません。
設定は1年ごとに必要です。

(休日の一括設定方法)

①設定は「一括設定」ボタンをクリックします。

timerecoredersette_syuukei.JPG

kyuujituikkatusettei.JPG

【休日一括設定ウィンドウ】

①休日種別

 「指定なし」「法定休日」「所定休日」の種別から選択します。

 設定した休日設定を解除する場合に、「指定なし」を選択し、②~④の組み合わせを指定します。

②年

 休日画面で選択した年が表示されます。

③月

 「全ての月」「1月~12月」から選択します。

④日

 「全ての日」「日指定」「曜日指定」 「祝日(振替休日を含む)から選択します。 

 

(例)全ての月の土曜日を所定休日。全ての月の日曜日と祝日を法定休日としたい場合

その1 休日種別を「所定休日」、月を「全ての月」、日を「曜日指定」「毎週」「土曜日」で設定

kyuujituikkatusettei4.JPG

その2 休日種別を「法定休日」、月を「全ての月」、日を「曜日指定」「毎週」「日曜日」で再設定

 kyuujituikkatusettei2.JPG

その3 休日種別を「法定休日」、月を「全ての月」、祝日(振替休日を含む)を選択し、再設定

kyuujituikkatusettei3.JPG

 設定完了後、法定休日には赤枠、所定休日にはオレンジの枠が追加されます。

kyuujituikkatusettei5.JPG

※振替休日や年末年始、会社の所定の休日などは、③の月と④で日指定を使って、休日の設定を行って
 ください。

 ※特定の日のみ、休日の設定を行うことも可能です。
 この場合は休日の設定を行いたい日付を直接クリックすることで、個別の設定を行います。

 ※「操作ログ出力」ボタンをクリックすることで、どのような設定をいつ行ったかのログが確認できま
 す。

 

休日設定を一括で解除したい場合は、①の休日種別を「指定なし」にしたまま、解除したい年月日で再設定することで一括解除ができます。
一方、休日設定を個別で解除したい場合は、解除したい日付を直接クリックして、「指定なし」で解除ができます。

【注意】運用開始後に設定変更した場合

 変更後、設定内容が勤務データに反映されます。
 ただし、管理者メニュー - 勤務状況管理 - 月確定 で、確定済みの勤務データには反映されません。(確定解除した場合は、勤務データが最新の設定内容に基づき再計算されます。)

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント