フォローする

ワークフロー - 承認

申請者側から申請された内容を、承認者側が承認することで、はじめて訂正後の内容に更新されます。

【注意】
ワークフローの申請機能を使うには、事前に、管理者メニュー→「タイムレコーダー設定」→基本→ワークフロー機能 で「使用する」を選択しておく必要があります。

 

申請者側と承認者側のフローイメージ

workflow_image.jpg

 ●打刻訂正時のワークフローの流れ【承認者側】

  ①「管理者メニュー」→「ワークフロー」→「承認」をクリックします。

 ______CP__28_.jpg

   ②承認一覧画面が開き、申請者からの申請分が確認できるようになります。
   (申請者側が自分宛に申請してきた分が一覧で表示されます。)
   最初のステータスはすべて「申請中」になります。

 syouninsya1.jpg

   ③内容の確認と決裁を行う場合は、確認したい申請分のステータスをクリックします。

syouninsya2.jpg

 

  ④選択した申請分の申請内容が表示されるので、確認のうえいずれかの決裁処理を行います。

syouninsya3.jpg

   

A 「承認」を選択した場合
  承認一覧のステータスが「承認」に更新され、申請者側の表示も「申請中」⇒「承認」に更新されます。

B 「差し戻し」を選択した場合
  承認一覧のステータスが「差し戻し」に更新され、申請者側の表示も「申請中」⇒「差し戻し」に更新されます。

C 「却下」を選択した場合
  承認一覧のステータスが「却下」に更新され、申請者側の表示も「申請中」→「却下」に更新されます。
  (申請者側は強制的に申請前の打刻の状態に戻ります。)

一度決裁したステータスを一つ前の段階に戻したい場合
(例)
 ・違う人または違う日のワークフローを誤って決裁してしまったので元のステータスに戻したいとき
 ・一旦決裁したものを元のステータスに戻したいとき

このような時は、「承認」「却下」のステータスの場合に限り、以下の手順で一つ前のステータスに戻すことができます。

「差し戻し」の場合
こちらは承認者側からの変更はできなくなります。
申請者側は「差し戻し」に更新されているので、一度「申請取消」のうえ、改めて新規で申請をし直すようご案内ください。

(例)
一度「承認」したステータスを取り消ししたい場合
  

syouninsya4.jpg

 2.内容を確認のうえ、「取消」ボタンをクリックします。

 syouninsya5.jpg

  
 3. 承認一覧での表示が「申請中」のステータスに戻ります。
   (一方の申請者側も「承認」→「申請中」に更新されます。)

syouninsya6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント