フォローする

【セットアップ】Chatwork連携プラグイン(通知版)

■STEP1 | kintoneにプラグインをインストールする

kintoneにプラグインをインストールします(初回のみ)。
インストール方法については下記をご参照ください。

https://jp.cybozu.help/k/ja/admin/system_customization/add_plugin/plugin.html

■STEP2 | アプリにプラグインを追加する

使用したいアプリにプラグインを追加します。
追加方法については下記をご参照ください。

https://jp.cybozu.help/k/ja/user/app_settings/plugin.html

■STEP3 | プラグインを設定する

アプリの設定→プラグインからプラグイン一覧画面に入り、
Chatwork連携プラグインの設定をクリックします。

image1.png

Chatwork連携プラグイン(通知版)の設定画面について

image3.png

image4.png

①ライセンスキー:
弊社からご案内する12桁のライセンスキーを入力します。

②APIトークン:
連携先のChatworkから発行されたAPIトークンを入力します。
発行方法については下記をご参照ください。
https://help.chatwork.com/hc/ja/articles/115000172402-API%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%8C%E3%81%99%E3%82%8B

③項目:
アプリ内に設置されているフィールドから選択します。

④値:
項目に対する値を入力します。

⑤条件1:
条件を選択します。
項目(③)が値(④)の条件(⑤)になった時にChatworkへ通知します。

⑥条件2:
「常に」の場合、③④⑤の条件をクリアしていればレコード更新のタイミングで常に通知されます。
「変更時のみ」の場合、③④⑤の条件になっていない状態から初めてなった1回のみ通知します。

⑦追加:
複数条件を設定する場合に新規行を追加できます。

⑧AND OR選択:
複数条件(⑦)を設定している場合、
ANDであれば全ての条件に当てはまる場合のみ通知します。
ORであればいずれかの条件に1つでも当てはまれば通知します。

⑨通知のタイミング:
kintoneがどうなったらChatworkへ通知するかを設定できます。

⑩ChatworkのルームID:
ChatworkのルームIDを指定します。
ルームIDの確認方法は下記をご参照ください。
https://help.chatwork.com/hc/ja/articles/360000142942-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0ID%E3%82%92%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%99%E3%82%8B

⑪メッセージ出力項目:
通知された時のChatwork側に表示するkintoneフィールドを選択します。

⑫任意メッセージ:
通知された時のChatwork側に表示する任意のメッセージを入力できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント