フォローする

 (2-3)ビーコン(本体)を設置し、登録内容を確認する

登録したビーコンを各場所(拠点やスペース)に設置し、ユーザーガイドのスマートフォンで入退出する(iPhone)、またはスマートフォンで入退出する(Android)に沿って入退室処理を行い、アプリ上で問題なくビーコンの電波を受信できることを確認します。

 

【重要】ビーコン(Beacon)について

ビーコン(Beacon)は識別情報(Proximity UUID,Major,Minor)をBluetooth Low Energy(BLE)を介して送信する発信機です。

anyplaceでは、ビーコンとスマートフォンのBluetooth(BLE)や位置情報機能を用いて、位置情報を付加した入退室情報の管理が手軽にできるようになっています。

ただし、以下の弱点もありますのであらかじめご承知おきください。

・ビーコンはGPSと比較して屋内の測位には優れている一方、電波の特性上、設置している環境や人の混雑に強く依存します。そのため精度を保証することが難しい場合があります。

・ビーコンは、識別するための情報をブロードキャスト発信していますが、そこにはセキュリティはないため誰でも識別情報を取得することができます。そのため、厳密な入退室の記録や管理を求めている場合には適していません。

その他、anyplaceで利用するアプリックス社製のビーコンは、単三電池2本で起動する仕様ですので、電池切れになると電波の発信ができなくなります。
電池残量に関してはビーコン本体上部の小穴内の光の点滅度合いでチェックできるようになっています。

DSC_0069.JPG

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント