フォローする

社員情報管理 - ファイル入出力(「フォーマット」 PCA就業管理X)(「フォーマット」 クロノス)

「PCA就業管理X」または「クロノス」の従業員情報を一括で社員情報としてアップロードしたい場合や、登録済みの社員情報を一括でダウンロードしたい場合に使用します。


社員情報の登録方法は、以下の2通りあります。

その1 「社員情報登録画面上で新規登録する方法」

その2 「社員情報の一括アップロード機能を使って登録する方法」

ここでは、その2「社員情報の一括アップロード機能を使って登録する方法」を説明します。
(その1の「社員情報登録画面上で新規登録する方法」は「社員情報登録」のページでご説明します。)

【「PCA就業管理X」または「クロノス」の従業員情報を一括でアップロードする場合でご説明します。】

☆「PCA就業管理X」または「クロノス」の従業員設定から取り込むことができる情報
「性」「名」「フリガナ(性)」「フリガナ(名)」「社員コード」「所属コード」「IDコード」「入社年月日」
の情報を一括で取り込むことができます。

☆【重要】 必須項目は「社員コード」「姓」「名」「IDコード」となります。
       全員漏れなく、正しく入力されていることを事前に確認してください。


まず、「PCA就業管理X」または「クロノス」側で従業員情報をエクスポートします。

(画面はクロノスの場合) 

 

 

これで「PCA就業管理X」または「クロノス」から従業員情報が書き出されたことになります。

続いて「Focus U」側の連携設定を確認します。アップロード処理を行います。

①「システムメニュー」 - 「連携設定」 - 「勤怠就業管理ソフト」をクリックし、「PCA就業管理X」または「クロノス」が選択されていることを確認します。(異なるソフト名を選択している場合は、変更後、「上記内容で設定」ボタンをクリックします。)
1.JPG

 ②「管理者メニュー」 - 「社員情報管理」をクリックし、「ファイル入出力」ボタンをクリックします。
2.JPG

③社員情報の一括アップロード画面から、フォーマット項目で「PCA就業管理X」または「クロノス」を選択します。
3.JPG

④事前に書き出し済みのファイルを選択し、「アップロード」ボタンをクリックします。
4.JPG

⑤ファイルアップロードプレビュー画面の「詳細表示」にチェックを入れ、内容を確認し、画面下の「登録」ボタンをクリックします。
6.jpg

⑥「アップロードされました」のメッセージが表示され、各レコード総数が確認できるようになります。(既に登録済み社員がアップロードファイル内に存在する場合は、2回目以降は「スキップ」「上書き」の選択が可能になります。)
7.jpg

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント