フォローする

タイムレコーダー設定 - WEBタイムレコーダー

WEBタイムレコーダーに関する設定を行います。

 

①頭文字選択機能

  タイムレコーダーの「所属と名前を選択して打刻」モードを使用する際に、社員名の頭文字を選択する機能を使用するかどうかの設定です。
  ※初期値は「使用する」が選択されています。
 【注意】運用途中で変更した場合は、Webタイムレコーダーの再起動が必要となります。

②所属フィルタリング機能

  複数の所属を設定している運用の場合に、各営業所や店舗など拠点毎に、表示させたい所属名を制限したい場合に、使用するを選択します。
  ※初期値は「使用しない」が選択されています。

③英語設定

  タイムレコーダーの「所属と名前を選択して打刻」モードを英語表示で利用する際の設定項目です。

・頭文字選択用キーボード
 名前の頭文字選択時のアルファベット配列を「abc配列」と「qwerty配列」から選択できるようにななっています。
 ※「qwerty配列」はキーボードと同じ配列方法のことです。

・各打刻完了後の挨拶文
 初期値は以下の設定になっています。
 必要に応じ表示を変更することもできます。
 「出勤」・・・hello.
   「外出」・・・See you later.
 「再入」・・・Welcome back.
 「退勤」・・・See you.

※ご利用になるタブレット等端末のブラウザ言語設定を「英語」に設定することで、英語表示のご利用が可能です。

※海外拠点で打刻した際の打刻時間は、現地時間をベースに反映されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk