フォローする

タイムレコーダー設定 - 集計

「Focus U タイムレコーダー」の集計に関する設定を行います。

①端数処理設定 毎日の出退勤時刻

 毎日の出退勤時刻等に対する端数処理の設定ができます。
 「出勤時刻」「退勤時刻」「外出時刻」「再入時刻」の各時刻毎に、「行わない」「繰り下げ」「繰り上げ」更に、「5分」「10分」「15分」「30分」の単位で設定ができます。

※初期値はすべて「行わない」が選択されています。 
(例)勤務時間が9時~17時の設定で、且つ出勤時刻 繰り下げ30分、退勤時刻 繰り上げ30分とした場合、

  出勤の打刻が 09:01の場合は→09:30からの時間で集計
  退勤の打刻が 16:59の場合は→16:30までの時間で集計

扱いとなります。

 

②端数処理設定 月集計値

 管理者メニュー-勤務状況管理 - 勤務状況集計から個人の勤務表を集計した際
 またはユーザーメニュー - 勤務状況 - から自分の勤務表を集計した際の、月合計に対する端数処理の設定ができます。
「実働・残業・外出」「遅刻・早退」の各集計値毎に、「行わない」「繰り下げ」「繰り上げ」更に、「5分」「10分」「15分」「30分」の単位で設定ができます。
 ※初期値はすべて「行わない」が選択されています。

 
③その他 勤務時間内の外出

 「実働時間から減算する」にチェックをいれた場合、勤務時間内に外出打刻があった際、外出打刻~再入打刻までの間が実働時間から減算されます。
 
 ※初期値は「実働時間から減算する」のチェックがついています。

(例)外出打刻が11:30 再入時刻が12:00の場合、実働時間の集計値から30分減算します。

 

④その他 勤務時間外の外出

 「実働時間から減算する」にチェックをいれた場合、勤務時間外に外出打刻があった際、外出打刻~再入打刻までの間が実働時間から減算されます。
 
 ※初期値は「実働時間から減算する」のチェックがついています。

(例)勤務時間が9時~17時の設定で、外出打刻が17:30 再入打刻が18:00 退勤打刻が
     19:00の場合、実働時間の集計値から30分減算します。

 

⑤その他 遅刻・早退に含まれる休憩時間

 「遅刻・早退時間に加算する」のチェックを外した場合、休憩時間中に出勤または退勤打刻があった場合でも、遅刻・早退時間への加算はされません。
 
 ※初期値は「遅刻・早退時間に加算する」のチェックがはずれています。

(例)休憩時間が12時~13時の設定で、出勤打刻が12:30の場合、12時までの30分間は遅刻時間への加算はされません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk