フォローする

勤務状況管理 - 勤務状況集計からの月次打刻データ出力について(就業大臣NX)

 

 社員ごとの月次打刻データを外部出力する際に使用します。

※あらかじめ、「システムメニュー」-「連携設定」→「勤怠就業管理ソフト」で「就業大臣NX」を選択しておく必要があります。

勤務状況集計 - 勤務状況集計からの月次打刻データ出力をおこない、就業大臣NXに取り込む手順をご説明していきます。

☆「Focus U 」から書き出せる情報

社員コード、勤務日付[年]、勤務日付[月]、勤務日付[日]、勤務回(※自社データ設定で複数勤務区分を「使用する」に設定している場合のみ必須)、事由1コード、事由2コード、出勤時刻、退勤時刻、外出時刻、再入時刻

 

まず、「Focus U タイムレコーダー」側で打刻データの出力を行います。

続いて就業大臣NXを起動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆【重要】 

勤務データ

*1 登録されている勤務区分または事由のみ受入。

*2 [自社データ設定]で「使用する」場合のみ受入。登録されているコードのみ受入。

*3 新規で受け入れた場合、スケジュールから読み込みます。受け入れるデータがある場合は、受け入れるデータが優先されます。

*4 新規で受け入れた場合、スケジュールから読み込んだ勤務区分または受け入れた勤務区分が、標準時刻転送を使用する場合、修正出勤・退勤時刻に転送処理がされます。

*5 新規で受け入れた場合、スケジュール未登録かつ社員の規定勤務区分が設定されている時、社員の規定勤務区分が設定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk